5月30日に結婚しました!!しばらくは結婚式の準備とその前後のことについてupしていきたいと思っています~~!!シドニーでの花嫁、色々あったけど人生最高の日になりました~!!
by lvmg
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

彼氏の友達

別にワイセツな記事じゃないです。

今日は天気よかったのに1日中家にいました。
だけど掃除洗濯すべて終わったので、
これから飲みに行く準備万端です。

今日はアンコロの友達の誕生日ディナーです。
5歳下に混じって今でも現役飲んでます。
(私もまだ20代だしっ!かろうじて!)

日本だと、それになんで私が行くの?って話だけど、
こっちだと普通なんだよね・・・。
彼氏や彼女の友達の誕生日とかお別れ会とかに、
カップルで出席するのは、至って普通。
というか一人で行くと「今日彼女どーしたの?」なんて言われます。

だから彼氏の友達という存在も、
結構結婚する上で避けては通れません。

私はかわいそうに中学高校時代の友達はシドニーにはいないけど、
アンコロは今でも高校時代の友達とはよく会っていて、
みんなそれなりにいい子です。

1人か2人クセのある人はいますが。

例えばM君とか私大好きです。
M君は私とアンコロが知り合うきっかけを作ってくれた子だし、
多分アンコロは彼にベストマンを頼むんじゃないかな。

彼、オシャレだし、歌ちょーーーーウマイし、かっこいいし(と私は思う)、
やさしいし・・・

しかも!!
会うと服とか靴とかすごい褒めてくれるし、気づいてくれるの。
アンコロなんて私が新しい服着てても気づかないし、
髪切ったって気づかない時あんのに。
こないだなんて、M君、私の顔見て、

「今日眉毛の色違くない?」

・・・・バレた?

(茶色の眉ペンの芯がポキっと折れて、
削るの面倒だったからグレーで描いた)

にしても、すごいなーーー!!!

アンコロに、「M君私の眉毛の色の変化に気づいたよ!!!」
って言ったら、

「どれどれ。・・・いつもと一緒だよねー?」

だって。

だよねー?じゃないよ。

とにかくM君はいい子です。
アンコロの友達は基本的にみんないい子です。

今日はK君の誕生日ということで、ガツンと飲んで来ます。

アンコロは今ワケあって、お酒飲めません。
昨夜アンコロママから電話があり、
「アンコロにお酒飲ませないでね」と釘を押されました。
1杯くらいいいかなって思ってたけど、
"Don't worry - He will just have orange juice or coke!"
と言ってしまったので、私も止めないと、です。

アンコロがなぜお酒飲めないのか、また次回書きます。
[PR]
by lvmg | 2008-05-31 16:26 | 文化

両親の反応 2

さー、「結婚する」ということを何て親に言おうか…
どうせなら両親そろってる時に電話した方がいいな・・・
電話スピーカーにしてもらって2人同時に聞いてもらおうか…

とにかくシラフでは無理(どんな結論)。

と、便ポーズ(ついに略語化)の翌日、
「今日電話するぞ」と決めて、
ワインをボトル1本空けた。
(あまり飲みすぎると何言うか分からないし)

番号押す手が震える。(初恋か)

深呼吸。深呼吸。

「もしもしー」

あ、オカン出た。

他愛もない話を始めた後、
「ところで、昨日ひざまずいてアンコロにダイヤの指輪もらった」
(便ポーズのことは伏せて。ここで笑い取ってもしょうがないし。)

すると母親、

「えーーー!それは何、ちゃんとそういうことなの?」
「と思うよ、何も言ってなかったけど。」
「ちゃんと確認した方がいいんじゃないの?」
「でも普通他の意味でダイヤの指輪なんてあげるかな?」
「でもあんた、このあと実は違ったらってことになったら・・・」
「いいから、とにかく結婚しますぅ!!!!」

(・・・・なんだこの展開)

「よかったね!他にちゃんと言わないといけない人いるんじゃないの!」
「お父さんなにしてんの?」
「テレビ観てる」
「お母さんから言って」
「お父さん、lvmg結婚するって!!」

・・・ドキドキ・・・お父さんの反応は・・・

「・・・聞こえた?」と母。
「何も聞こえなかった。何て?」
「ブーってオナラした。」
「それって・・・?」

「好きならしゃーないわって言って片尻上げてオナラした」

「・・・あ、そう・・・。ありがとう。」

心配して損した。
・・・ワイン空けて損した。
肝臓に余計な仕事させた。

その後、母親は、
「式はいつ?お父さんの定年前にやってね。来年の9月だから。」
「資金はS(弟)に出した分だけ出すからね、公平に。」
「どこでやんの、式?」
といきなり式の話をし始めた。

・・・
でも、よかった!

笑いながら涙が出そうになった。
必死でこらえて、普通に電話終えて、
両親の携帯に下記メール送信。

「色々心配かけるかもしれないけど応援お願いします」

その後2人ともおめでとうって返事くれた。

そして母親にはさらに、

「お母さんの理想の結婚相手じゃないかもしれないけど」

とメール。
すると、すごい剣幕で返事が。

「理想の相手ってどんなん?
学歴やお金があっても幸せになれるとは限らないよ!
好きな人と一緒になるのが一番!」

結婚相談所に私登録したこと忘れてるのかなぁ・・・

とにかくホっとしました。

お父さん、お母さん、本当に本当にありがとう。
[PR]
by lvmg | 2008-05-31 12:19 | 家族

両親の反応 1

アンコロと付き合いだした頃、私は26歳だったわけで、
ただならぬ娘の「どっぷり」モードを悟ってか、
母親は突然私を結婚相談所に登録した。

ひー。

(しかも名古屋の)

ひー。

つまり、アンコロとの将来には反対だったということになる。
まぁ理由は彼の家庭環境だったり、学歴だったり(アンコロ高卒)、
単に日本人じゃなきゃヤダ、ということだったり、
経済的なことだったり、年下ってことだったり、
色々あったんだろうけどさ。

中学校の時からずーーっと、
私の恋愛を常にポジティブに見守ってくれていた両親だったので、
この展開に正直私は驚いた。

結婚となると話は別よ、と言われているようで。
そしてアンコロを否定されたようで。

それから今に至るまで、
今まで仲良しだけが取り得だった私の家族が、
何度か大喧嘩になった。

お互いがお互いを理解できなくて。

私アンコロを日本に連れて行って旅行行ったりしてたんだけど、
親としてはそれが、

「結婚するの?それともただのお友達なの?」

(どうも「彼氏」という選択肢はないらしい)
(フィアンセ or 友達のみ)

と、どうしても理解できなかったみたい。
1回目は喧嘩の末なんとか迎えてくれたものの、
2回目は父親から、

「アンコロを連れてくるのは勘弁してください」

とビシと言われた始末。

その頃のメールのやりとりがまだ残ってるけど、
私はこれでもかってほど理解してくれない両親を傷つけたと思う。
たくさん泣いたし、母親もたくさん泣いてたらしい。

そのことがまたアンコロへ対しての不満にもつながって。
(あんたのせいでうちの家族は崩壊だ、と内心思っていた)

ちなみにアンコロは完全に無罪である。
だって結婚迷ってたのは私でもあるわけだし。
あの頃プロポーズされたって絶対答えられなかった。
(トイレでだったら尚更)

その先の見えない私たちの関係がなんだかんだ言って3年続き、
私たち家族の中で「アンコロとの将来」という言葉はタブーになっていった。

アンコロも大事だけど、
私は家族が一番大事。

今まで29年間、どんな時だって支えになってくれた家族の存在が、
何より何より何より大事。
17歳で家を出てシドニーに来たけれど、不安だらけで、
遠く離れた地でたった一人やってこれたのは他でもない、
お父さんとお母さんと弟のおかげ。

こんな状態だったから、
衝撃的な便器上のプロポーズ後、
まず最初に報告すべき相手は両親。
(実際最初に報告したのは友人Nだったが。)

報告は電話でしたんだけど・・・

続く。
[PR]
by lvmg | 2008-05-31 11:20 | 家族

イラ

私、アンコロによくうるさいなーって顔されるんだけど、

例えば、

洗面所のタオルがこんな↓風にかけてあって、
f0176485_2373757.jpg

アンコロが使った後にこんな↓風になっていると、
f0176485_2383290.jpg


「んもーーー!なんでこんな状態になるのよーーー!」
「これじゃタオルかけの意味がわからなくなるじゃないのーーー!」
「何をどう拭いたらこうなるのよーーー!自分で来て直しなさいっ!」
的なことを言わずにいられない。

しかもこれが月のモノ前などイライラが敏感な時は特に。

今後こういうイラポイントもブログに収めたいと思う。

共感してくれる人がいるかもしれないし。
イライラしながらも「ネタ発見」とポジティブに思えるかもしれないし。

なんせ、使ったものは元通りになおしましょう。
[PR]
by lvmg | 2008-05-29 23:10 | 生活

式の日取り

結婚が決まったことを両親に報告したら、
(このときのエピソードも今度書く予定)
お父さんが、

「ワシの定年前に頼むぞ」

と言ってきた。

なぜだ?
よく分からないが。

お父さんの定年は2009年の9月。

正直そんなに早く式挙げるつもりはなかったので、
(金ないしさーー)
ちょっと焦っております。

でも、色々あったけどやっと祝福してくれたわけだし、
親の希望はなるべく聞きたい。

6月から8月はシドニーはあたりまえだけど冬で、
冬の結婚式は寒いだろうし、
4月は雨が多いし、
・・・じゃあ5月かなぁ?
5月も十分寒いんだけどさ。

もう1年後じゃん。

まだ何もしてないんだけど、
そろそろ何かしないと。

シドニーにもワタベウェディングがあるらしく、
まずそこで話でも聞いてみようかなと思っています。

(こういうとき日本のカスタマーサービスに頼ってしまう)
[PR]
by lvmg | 2008-05-29 14:46 | 結婚式準備

寝顔

相手の寝顔が愛しいと思えるかどうか、
これは幸せへのキーポイントらしい。

って私が言ってるだけだけど。

つまり私が思うに、
寝ている時というのは非常に無防備であり、
殺そうと思えば殺せるくらいで、
その姿を愛しいと思えるかどうか、
それはとても大事なことだと思う。

とくに、喧嘩中とか、うまく行ってないときとか、
寝顔見て「でもこの寝顔が見れるのは私だけか」、
って幸せに思えないといけないような気がする。

昔付き合っていた彼が、
普段はそれなりにカッコイイのに、
寝顔が突如トノサマバッタのようになり、
それについて私は密かに悩んでいた。
目をそむけるしかなかった。

アンコロは、通常とてもカワイイ寝顔で寝る。
寝相があまりよくないので色んな体勢になるけど、
カワイイなぁ、って見てて幸せになるくらい。

喧嘩してても、なんか心が緩んでしまうくらい。

が。

かなりお疲れの時はすごい豹変する。

なぜならば、目が開いたままになるから。

これがとっても怖い。蝋人形のような目になる。

先日睡眠不足が続いており、
その時の寝顔は、もうすごかった。

顔中の穴という穴が全部開いていた。

目、口、鼻(閉じれるかっ)、おっぴろげ。

・・・さらには激しいイビキまでかき、
おまけに口から吐かれる息は結構臭かった。

ひぃぃぃぃーーーーー・・・

これは無防備っていうか、危険動物・・・

疲れてなきゃいいんだ、天使の寝顔だから♪

疲れてる時は家庭内別居かなっ♪
[PR]
by lvmg | 2008-05-29 12:37 | 生活

フォロー

このブログを始めるに当たって、
あまりにネガティブな内容になってはいけないと思って、
いけないっていうか納得いかないし、
この結婚否定しちゃ意味ないし、
1つネガティブなこと書いてしまったら、
1つポジティブなことも書くことを密かなルールにしたいと思いました。

(だから作ったのは「でも好き」というカテゴリ。)
(これがネガティブ記事の倍以上に投稿されているべき。)

じゃないとアンコロにも失礼だし、
(アンコロだって私のワガママにだいぶ耐えてるわけだし)
(以前付き合ってた人は胃潰瘍になっていた程私危険だし)
自分でも自分を祝福できないし。
おめでとう、って言ってくれた、
たくさんの私の大事な人たちにも失礼。

だから経済力の記事を書いたわけで、
それに負けないいいことを…。
これ、ルール。

(いつまで続くかわかんないけど。)

まず、なんせ、言えることは、
アンコロはいい人です。
・・・アバウトだけど。

とにかく誰に紹介しても恥ずかしくない、
2人で一緒にいるときだけじゃなくて、
大勢の中のアンコロも好きです。

敵を作らないタイプというか。
腰が低いというか。
人相がいいというか。

(腰が低くなきゃ私という人間に耐えられない?)

なんせ、いい人なんです。

誰に紹介しても恥ずかしくない、
どこに連れて行っても安心で、
きっと誰にも「やな奴」と思われることのない、
「ええ子」です。

そりゃ2人でいるときは、
怒る時もあるし、
憎たらしい時もあるけど、
世間的にはとにかくいい人です。

だから私も好きになるのに全然時間かかりませんでした。

顔はタヌキ系で結構タイプです。
目がでかくてかわいいです。


こんなもんでどーだ。

…だいぶ褒めたはず。

ホントのことです。
[PR]
by lvmg | 2008-05-28 22:17 | でも好き

経済力と結婚

いきなりシビアな話題ですがこれは避けては通れません。

私は10代の頃から基本的に恋愛以外に興味がなく、
将来の夢も「大好きな人の専業主婦」と至って恋愛中心でした。

だけど経済力のある人じゃなきゃダメだと思ってました。
なぜなら専業主婦になりたかったから。
自分の母親みたく、
お弁当作って掃除してご飯作って、
それが全てって何て素敵なんだろうって。

さらにマダムに憧ていた。
というかマダムになりたかった。
海外駐在の妻とかいいよねーって。
(うちの母もそうだったし)

アンコロと知り合う前にプロポーズしてくれた彼は、
某有名コンサルティングファームに勤めており、
もし彼と一緒になっていれば、
今頃で2人の収入は2000万(円)前後になっており、
今頃物件を購入してただろうし、
ローンだって、
「収入の3分の1法則」範囲内で特にひーひー言うこともなく払っていて、
車だって2台くらい買ってたかもしれない。
定期的に海外旅行にもでかけて。

…ふぅ…

あれれ…書いてて後悔してきた?(するんかい)

が。

アンコロの収入は私より低いです。
1.5倍くらい違うかな…

…ふぅ。

書いてて暗くなってきた…?

だけど、お金じゃないんだよね。

なんかそれだけは言える。

自分に経済力が付いてきたからかもしれないし、
価値観が変わったからかもしれない。

自分に必要なお金は自分で稼げばいいんだ。

それよりも重視すべきものがあるはず。

…アンコロと付き合ってるうちにそう思えてきた。

盲目とかそんなんじゃなくって。
そんなキャラでもないし。

そしてそれを証明するために、
アンコロと一緒になることを決めたんです。
[PR]
by lvmg | 2008-05-28 21:58 | 生活

プロポーズ 2

アンコロの買い物はとても早い。
洋服など2分で決まる。
早いときは見てから10秒後に「これ買う」って言ってレジにいる。
そして彼は隠し事ができない。サプライズなど絶対にできない。
嘘がつけない。

その日彼は明らかに様子が変だった。
妙に機嫌がいいし、随時ニヤニヤしている。

変だなと思いながらも彼のお母さんと妹3人と彼とで夕食を食べた。
ワインを飲んですっかり酔っ払って帰宅。
アンコロはすぐにパソコンに向かってゲームを始めた。

シャワーでも浴びようかと、シャワーキャップをかぶり、
トイレでお○っこをしていた私。

すると突然トイレのドアが開き、アンコロが入ってきてひざまずいた。

・・・???

と言葉も出ないまま左手の薬指にはめられた大きなダイヤ。

・・・??????

便器に座ったまま思わず悲鳴をあげる私。
とにかく緊張した顔のアンコロ。

・・・しかし私の第一声は、

"THANK YOU SO MUCH!! BUT WHY NOW!?!?!"

そりゃそーだ。

なぜここで渡す?なぜこのシチュエーション?

2分ほど叫んだあととりあえずシャワーを浴び、
出てきたらアンコロはすでにパソコンに向かってゲーム再開中。

「お金ないからしばらくインスタントラーメンだよっ!」

と振り向きざまに言われた。

以上、婚約成立。
[PR]
by lvmg | 2008-05-27 19:39 | 結婚式準備

プロポーズ 1

とタイトルに書いたけど、プロポーズというのはありませんでした。

そろそろ付き合いだして3年というある金曜の夜、
アンコロとパブでビールを楽しんでいた。

3年のanniversaryには何が欲しい?
という話になりました。

特に欲しいものがなかったんだけど、
私たち2年ほどステンレスの指輪(涙)をお揃いではめていたので、
かわいい指輪が欲しいなー、と言ってみたんです。

初めてのクリスマスにティファニーの指輪をもらったんだけど、
それはシルバーだったし、もっと高価なものがいい!と言いました。

「それって、どういう指輪ってこと?ただの付き合って3年の記念の指輪?」
となぜか照れ臭そうにアンコロが言うので、私もドキっとして、
「うーん・・・」と思わず黙り込んでしまった。何を言ったらいいのか。
「どういうこと?」ととぼけてみると、
"you know what I mean?"とまた照れてるし、
「任せるよ」と私も照れたままそこで会話終了。

正直、自分から言うのも何だし、とお互い思っていたような気がする。

そして暗黙の了解(?)で、
エンゲージメントリングを買うことになったアンコロ、
ここで一緒に選ぶ人は多いみたいだけど、
私はこういう大きな買い物はひたすら見ないと気がすまないので、
いっそのこと彼に選んでもらった方がいいと思った。

でも0.5カラットは欲しいなぁ・・・とアピールしたりして。

アンコロ一人ではとても選べないと思ったし、
かといってお母さんと一緒だとお母さんのセンス危険だし(失礼)、
妹たちも連れて行って!とお願い。妹たちのセンスなら大丈夫だし。

そして何度か5人で指輪探しに行ってくれたようです。

続く。
[PR]
by lvmg | 2008-05-27 19:26 | 結婚式準備


お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧